投資のリスクとリスクヘッジ

投資のリスクとリスクヘッジ

投資において、リスクとは投資の価値が減少する可能性を指し、リスクヘッジはそのリスクを軽減または管理するための戦略や手法を意味します。

ここでいくつかの一般的な投資リスクとリスクヘッジの方法を見てみましょう。

TIME公式HP
勝てる投資法を知る!

投資リスクの種類

投資にはどんなリスクがあるのか?

その種類に関してと、リスクヘッジの方法をまとめてみました。

市場リスク(システマティックリスク)

全体の市場の動きに影響されるリスクになります。

例えば株式市場全体の下落等が主な要因。

ヘッジ方法としては、資産配分や多様化により、異なる資産クラスに分散投資する方法があります。

特有リスク(アンシステマティックリスク)

こちらのリスクは、特定の企業や業界特有の問題により生じるリスクになります。

ヘッジ方法としては、多様化によって、特定の企業や業界に依存しないポートフォリオを構築する様にする等があります。

信用リスク

借り手が貸し手に対して義務を果たせないリスクになります。

このリスクのヘッジ方法としては、高い信用格付けを持つ債券を選ぶ、または多様化によってリスクを分散する等が考えられます。

流動性リスク

資産があっても、それが必要な時に現金かが出来ないと困りますよね?

このリスクは資産を迅速かつ損失なく現金化することが困難なリスク。

ヘッジ方法としては、高い流動性を持つ資産に投資するという方法があります。

金利リスク

金利の変動が投資の価値に影響を与えるリスクの事をいいます。

こちらのリスクヘッジ方法としては、金利変動に敏感でない資産に投資する、または金利スワップなどの金融派生商品を利用するという点があります。

為替リスク

外国通貨建ての投資における通貨変動のリスクになります。

ヘッジ方法としては、為替ヘッジを用いる、例えば為替フォワード契約やオプションという方法があります。

フォワード取引とは

インターバンク市場の外国為替取引のひとつで、約定から資金受渡日までの期間が3営業日以降の取引のこと。

「先渡取引」「先物(為替)取引」ともいいます。

将来の特定日または一定期間後に契約時に設定した条件(外貨種類、金額、レート等)で受け渡しを行うもので、通常は受渡日までの期間の金利を考慮してレートを決めます。

将来の為替リスクのヘッジなどに利用されます。取引形態は先物取引と同じですが、相対取引、証拠金が不要、現物決済などが先物取引と異なります。

これに対し、約定から資金受渡日までの期間が2営業日以内の取引のことは「直物取引」「スポット取引」といいます。

出典:大和証券 Daiwa Securities

インフレーションリスク

インフレによって実質的なリターンが減少するリスクになります。

ヘッジ方法としては、インフレに連動する資産(例:インフレ連動債)に投資する等があげられます。。

リスクヘッジの一般的な方法

投資にリスクはつきものです。

絶対はないですからね。

だからこそ、そのリスクを少しでも回避できる様に、異なる資産クラス、業種、地域にわたって投資を分散することで、リスクを分散する事が一般的なリスクヘッジの方法となります。

または、定期的にポートフォリオを再評価し、目標とする資産配分に合わせて調整する事も大切。

ヘッジファンドやデリバティブの利用をする事も一般的で、金融派生商品(オプション、先物、スワップなど)を使用してリスクを管理します。

何よりも、品質の高い投資、信用格付けが高い債券や安定した業績の企業に投資する事で、リスクは少なからず軽減する事が出来ると思います。

キャッシュポジションの保有も、市場の下落時に資金を活用できるので有効だと思います。

何よりも有効なリスクヘッジは、勝率の高いノウハウを得る事ではないでしょうか。

そのノウハウを惜しみなく教えてくれる「TIME」は凄く有効な投資法だと思います。

TIME公式HP
勝てる投資法を知る!
TOPページを見る